Aerial Display
Reflector

空中ディスプレイ用リフレクター

反射材を用いて、鮮明な空中ディスプレイを実現
製品検索
キーワード
何にもない空中に、鮮明な映像を再表示させることができる「空中ディスプレイ用リフレクター」。
近未来を先取りしたようなこの技術は、自動車などの工業製品への搭載をはじめ、エンタテインメントの分野、
さらに、パネルなどに直接触れず空中で操作でき、衛生面に優れることから、医療や食品業界でも注目を集めています。
今後、必ず訪れるデジタルサイネージ時代。その一翼を担い、お客様のニーズに幅広く応えていきます。

Introduction
動画で見る空中ディスプレイ

 
 

Mechanism
空中ディスプレイ
(再帰反射方式)の原理

  • ディスプレイから出た一部の光は、
    ビームスプリッターに向かいます。
  • ビームスプリッターで反射した光は
    リフレクターに向かいます。
  • リフレクターはビームスプリッターから来た光を
    ビームスプリッターへ再帰反射させます。
  • ビームスプリッターを透過した光が集まり、
    空中に像ができます。

Needs
空中ディスプレイは非接触で入力操作が可能なため
様々なシーンでそのメリットが期待されます

  医療現場・飲食店・工場内の操作タブレットとして空中ディスプレイを導入して非接触化することで、より衛生的な作業が可能に

  車載用空中ディスプレイ・セキリュティ用・デジタルサイネージ・アミューズメント など

Topics 1
日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社様が展開する
空中でのボタン操作による「タッチレスソリューション」

「タッチレスソリューション」は、医療機関や金融機関、公共施設、交通機関、工場等の幅広い分野で設置される機器に触れることなく、クリーンな非接触操作を実現しようという、日立オムロンターミナルソリューションズ様の取り組みです。ソリューションの第1弾として、空中に映し出された像に対して簡単な動作で機器に触れることなく操作ができる、コンパクトタイプの空中入力装置が開発されました。この空中像を表示させる部分に、当社の空中ディスプレイ用リフレクターが使用されています。2020年6月より、この空中入力装置を同社のクリニック向け自動受付精算機に接続してタッチレス操作の実証実験が実施されています。

Topics 2
高砂熱学イノベーションセンター展示スペースに
空中ディスプレイを設置

2020年3月、高砂熱学工業株式会社様の新たな研究開発拠点である「高砂熱学イノベーションセンター」(茨城県つくばみらい市)がオープン。施設内展示スペースの体験映像に当社の空中ディスプレイ用リフレクターとビームスプリッターのユニットが使用されています。 最先端の空調システムを紹介する体験映像では、空調設備のCGが空中に浮かび上がり、この空中像を手でスワイプするとCGが回転し、空調設備を360度から見ることができます。 (展示設計製作:株式会社トータルメディア開発研究所)

Topics 3
マクセル株式会社様が展開する非接触HMI
「Advanced Floating Image Display」

「Advanced Floating Image Display(以下、AFID)」は、マクセル様が新たに開発されたLLIS(laser Like Image Source)技術と日本カーバイド工業株式会社(当社)の再帰光学部材を組み合わせることで、高輝度かつ高コントラストな空中映像を表示することができます。さらに高精度センサーによって、空中に表示されたスイッチやアイコンをタブレット端末のように操作することが可能となり、非接触HMI(Human Machine Interface)を実現しました。 画面に直接触れることなく操作ができる非接触HMI「AFID」は、医療機関、金融機関、商業施設、交通機関など、不特定多数の人々が利用する場所において、感染症対策や衛生面の観点から需要が見込まれます。

Advantage
空中ディスプレイ導入の高いハードルを
下げる再帰反射技術の応用

再帰反射シート技術で培ったノウハウを空中ディスプレイ用リフレクターに応用。
鮮明な画像や映像を、空中に浮かび上がらせることが可能。
お持ちのディスプレイと合わせて使用するため、必要な現場への導入がしやすいシンプル構造。
用途・サイズに応じてロール状、テープ状、枚葉で提供可能。大きなサイズでも均一に再帰反射。

Line up
製品ラインナップ

※空中解像度:当社標準品比/空中像輝度:対表示装置比
製造・販売:日本カーバイド工業株式会社

Contact 空中ディスプレイ用リフレクターに
関するお問い合わせ


Tel
03-5462-8280
Fax
03-5462-8273

受付時間 9:00〜12:00/13:00〜17:30(土日祝・年末年始・会社設定休日をのぞく)

製品、研究開発などのサービスに関するお問い合わせやご依頼は、
お問い合わせフォームまたは
電話・FAXでお気軽にお問い合わせください。