機能フィルム事業

看板として、道路標識としてーー街のいたる所に息づいている。

劣化しづらく、簡単に使用できる。屋外での作業のパフォーマンスを上げる、マーキングフィルム。

街で見かける銀行の看板などに使われているのは、「マーキングフィルム」という着色フィルム。貼るだけで使用できるため、塗料やペンキを塗ることと比べると格段に作業効率が高い。色のバリエーションも豊富で、厳しい気象環境においても劣化しづらいという特徴があります。

その「マーキングフィルム」を材料に東南アジアの拠点で製造しているのは「ステッカー」。アジアの国々で大量のバイクが行き交う光景はおなじみですが、当社のステッカーはバイクにカラフルな彩りを与えています。

身近なところでは、当社のフィルムはスーパーで食品の包装に使用され、商品を綺麗に陳列するのに一役買っています。皆さんもどこかで当社の製品を手にしており、とても身近な存在です。

車のナンバープレートや道路標識など、公共の場で必要とされる素材に数多く採用されています。

道路標識には「再帰反射シート」という特別なフィルムが用いられています。標識に当たった光が、入ってきた方向に反射するため、夜間においても高い視認性を得られます。

外国では自動車のナンバープレートに採用されるなど、活躍の場は世界に広がっています。 高度な技術力によって、耐候性、色彩再現性、透明性、光沢性など、さまざまな性能を実現した当社の機能フィルムは街のいたる所に存在しています。

同じ事業部の社員を見る

機能フィルム開発研究部 機能フィルム事業部/製品開発 賀集健介 2009年入社 環境創生工学専攻修士了NCI(VIETNAM)機能フィルム事業部/製品開発 鎌田正行 2006年入社 応用科学専攻修士了恩希愛(杭州)化工 機能フィルム事業部/製品開発 金森信也 2006年入社 物質工学専攻修士了マーキングビジネスユニット 営業グループ 機能フィルム事業部/国内営業 染谷益弘 2006年入社 経済学科卒レーザーマーキングラベル開発プロジェクト海外ステッカー向上立上げプロジェクト