トップメッセージ

熱意と気概を持って、自らの専門性を磨き上げ、「プロフェッショナル」を目指そう。

日本カーバイド工業は、東証一部上場の素材・材料メーカーです。「カーバイド」といっても聞きなれない言葉かもしれませんが、1935年の創業当時、「カーバイド」を原料としたアセチレン誘導工業は化学工業の最先端で、当社はそのパイオニアでした。新たな可能性に挑戦する姿勢をそのままに、高い専門性に裏付けられた独自の技術をベースに、現在は、化成品、機能性樹脂、フィルム、反射シート、電子部材といった事業を展開しており、高い技術力をベースに、ワールドワイドで事業を積極的に展開しています。

当社の特徴は少数精鋭であること。当社の事業領域は非常に幅広く、グローバルマーケットにも早くから果敢に挑戦しています。そのため、社員一人ひとりの存在が大変大きい。若いうちから責任ある仕事に取り組み、フットワーク良く活動することが求められ、海外に行くチャンスも極めて多い会社です。そのような当社が求めるのは、熱意と気概ある人材。仕事は自分で取ってくるものです。状況に流されて仕事をするのではなく、熱意と気概を持ってやり遂げることで、次の大きな仕事をつかむことができます。

当社に入社される皆さんには、「プロフェッショナルであれ」という言葉を贈ります。会社で仕事に取り組む時、自分の専門分野に対してプロでなければなりません。プロになるには経験を通して知見を広めながら、自分の専門性を磨いていく。そんな努力の積み重ねが不可欠です。専門性を身につけるために教育制度も用意されていますが、それ以上に自己啓発が重要です。熱意を持って前向きに自分の専門性を高めて、成長していく。社員と会社が、もたれ合うのではなく、互いに自立し、成長していく。それが、日本カーバイド工業というフィールドで、プロフェッショナルとして働くということです。

松尾時雄代表取締役社長